暮らしやすい徳島のリフォーム

ブログ

火事で燃えた部屋(民家)をリフォーム

結婚して夫の実家に住むことになりました。
10年以上前に室内で小火があり、一部屋が利用できない状態となっていました。民家とはいえ、リフォームするにはまとまった資金が必要で、なかなか手が付けられませんでした。しかし、燃えた部屋の上にも部屋があり危険であることや、大工さんを紹介してもらえたことで話が進み、無事にリフォームが完了しました。直した部屋は8畳間で元は和室でしたが、費用の関係と今後の応接のため洋室にすることにしました。一階には洋室がなかったためちょうど良かったです。今回のリフォームで一番思ったことは各社の見積もりをしっかりとることが大切ということです。初めは私の同僚の伝手で見積もりをとりました。しかし、あまりにも費用がかかるのでお願いすることができませんでした。直さないと危険とわかっていても先立つものがなければ直せません。困っていた時に偶然にも実家近くで民家のリフォームをされた方と知り合い、大工さんを紹介していただけることになりました。ここで驚いたのが見積もり金額の差です。初めに見積もりをしていただいた会社の見積書をそのまま渡したところ、三分の二程度でしてもらえるとのことでした。まさかそんなに差がでるとは思いませんでしたのでとても驚きました。面倒だとしても比較することは本当に大切とまなびました。