暮らしやすい徳島のリフォーム

ブログ

二世帯住宅へのリフォーム

高齢化が進んでいる昨今、二世帯住宅が増えてきています。
二世帯住宅とは、ひとつの住宅にふたつの世帯が居住できるように作られている家のことです。完全に2軒がわかれているタイプや、1階が親世帯で2階が子世帯など階で分かれているタイプ、玄関は共有だけれど台所やお風呂やトイレは別々など、いろいろなタイプのものがあります。二世帯住宅を望む理由も、老後が不安なのでできるだけ近くに住みたい場合や、同居だとお互いに気を遣ってしまって落ち着けないので少しばかり距離がほしい場合など、さまざまです。新しく建築することもありますが、もともと存在している家をリフォームするパターンの方が多いです。一から建築するよりも圧倒的に安くすみますし、施工期間もそれほど長くはかからないからです。愛着のある住み慣れた家を壊すのが忍びないという理由もあります。そして何より、もしも片方の世帯がなんらかの理由で退去した場合に、もとの一世帯用の住宅に再リフォームしやすいからです。各世帯を隔てていた壁に扉をつけるだけで済んだり、片方の玄関の扉を取りはずして窓にするだけで済んだりと、比較的スムーズにリフォームすることができます。先のことをしっかり想定した上で、より実用的に、より費用を抑えて、リフォームすることをおすすめします。