暮らしやすい徳島のリフォーム

ブログ

店舗リノベーションで新しい店づくり

リノベーションという言葉を最近よく聞きますが、リフォームと似たような意味で使われている場合があります。
しかし、実際にはリフォームとリノベーションでは意味が異なっており、老朽化したものをもとの価値にまで戻すことをリフォームと呼ぶ一方で、新たな付加価値をつくてリフォームを行うことをリノベーションと呼びます。中古住宅や中古マンションなどで、リノベーションを行うことによって、それまで以上の価値を高めて、新築物件と同じような価値にすることが一般的です。しかし、リノベーションという考え方が最もなじむのは店舗リノベーションです。それまでの用途を超える活用方法ができるようにリノベーションを行います。よく見かけるのが、それまでコンビニエンスストアとして活用されていた建て物を店舗リノベーションによって、外見だけ用いて内部をつくり替えて新たな店舗や飲食店につくり変えているケースです。立地条件の良いところにある場合が多く、比較的、チェーン店のコンビニエンスストアは開店・閉店の回転が早いため、建物の活用しだいによっては、人気のある店舗にすることができます。建物自体もシンプルにできているため、お店としての活用の幅も広くなります。