暮らしやすい徳島のリフォーム

ブログ

洗面台のリフォームで失敗しないために

毎日使うからこそ洗面台が使いにくいと不便なものです。使いにくい場合は思い切ってリフォームがお勧めです。
何度も交換できる物でもなく、家族みんなで使ううので失敗のないリフォームをしたいものです。まず間口の計測から始めます。まず本体サイズの確認をします。洗面台周辺の吊戸棚の高さや床から天井までの高さ、壁との幅を計ります。次にタイプを決めます。間口の大きさごとに洗面台が展開されているユニットタイプと1mm単位で設計出来るセミオーダーに近いシステムタイプがあります。値段はシステムタイプの方が高い設定になっています。どこに優先順位を置くかも大切なポイントです。使い勝手重視なのか、収納なのかなどを決めます。間口のサイズをチェックしたり、間口が小さければ広げるなどをしてサイズを決めます。次に家族の身長や家族構成に合わせて洗面台の高さを決めます。シャンプーやお洗濯に使う頻度、ミラーキャビネットに収納が必要かなど細かいところもチェックしていきます。収納は重要なポイントです。シンク下は観音開きか引き出しかも使い勝手がそれぞれ違います。洗面所のイメージに影響を与えるカラーも大事です。人気があるのはホワイトですが、各ご家庭の用途やお好みに合わせて選択します。最後はお掃除がしやすいのも重要です。お手入れしやすい事も使いやすさでは大切な事なのです。