暮らしやすい徳島のリフォーム

ブログ

屋根のリフォームで住まいの長持ちをさせる

屋根はもっとも過酷な環境におかれているので、劣化が生じてきます。紫外線や雨をうけたり、
熱さや寒さなどの厳しい条件で家を守ってくれています。さらに、普段人目につかないところなので、状態がどうなのか確認がしづらいです。そのため、定期的に専門の業者などにチェックをしてもらうことが大切です。屋根のメンテナンスをしっかり行うことは、住まいを長持ちさせることにつながります。リフォームの方法には、塗り替えや重ね張り、葺き替えなどがあります。塗り替えがもっとも費用がかからないので、早めの点検により必要に応じて実施すると良いです。屋根材や下地が傷んでなければ、塗り替えで可能です。しかし、屋根材の劣化がひどい場合には重ね張りが必要になってきます。既存の材料の上に重ねて張るので、現状の材料の撤去代が不要ですが、その分住宅にかかる重みが加算されます。下地まで傷んでいる場合には、葺き替えが必要となり金額的には最も高くなります。既存の材料の撤去や下地の補修などが加わるためです。葺き替えをやる時には、断熱性能を上げたり軽くして地震の影響を減らしたりといった事も可能なので、リフォームによって補修をするとともに性能を高めることを検討すると良いです。