暮らしやすい徳島のリフォーム

ブログ

長期優良住宅のメリット

最近、長期優良住宅という言葉をよく耳にします。
いったいどのようなものなのでしょうか。住宅を長期にわたって使用することにより住宅の解体や除去に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに建替えにかかる費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かでより優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。また、長期優良住宅に必要な条件として挙げられているのが、地震に強く倒壊しにくい安心の家であること、構造や骨組みのしっかりした長く住める家であること、メンテナンスの容易な家であること、必要な広さが確保された暮らしやすい家であること、地球に優しく家計にも優しい家であること、地域の町並みと調和した家であること、「住まいの履歴書」つきの長く快適に住み続けられる家であることなどです。そして、長期優良住宅のメリットとして考えられているのが木のいえ整備促進事業の補助金が出ることや、住宅エコポイントがつくこと、住宅ローン減税も申請できること、その他の税制も優遇されること、フラット35Sが使えることなどがあります。多くのメリットがある長期優良住宅なので、検討してみる価値は十分にあるといえるでしょう。