暮らしやすい徳島のリフォーム

ブログ

洋風の新築物件について

最近は洋風建築が増えています。新築でそうした物件を選ぶ人が増えているのです。
ちなみに、かなり重要なことなのですが、洋風、ならいいのですが、完全に西洋建築の新築はありまお勧めできないのです。建物、建築技法と言うのはその国の風土にあったもので発展しているものなのです。極端な話、日本に持っても適しているのは日本家屋です。湿気が強い国ですから、それに適した家屋なのです。但し、エアコンや新しい建築材などの開発によって洋風の建築でもそれほど問題はなくなっているわけです。そもそもあくまで洋風なだけであって、しっかりと日本の建築基準に適していることは間違いないですから、基本的には安心して大丈夫です。特に地震に関しての基準は世界でもトップクラスに厳しいですから、そのあたりは安心して問題ないです。但し、レンガ造りとかは咲けたほうが良いです。建築基準はクリアできるのですが、レンガがあまり日本の風土にあっていないのです。ですから、素直に木造か鉄筋コンクリートにすることです。湿度が高い日本ではあまりレンガは向いていないのです。よく覚えておくことです。レンガ造りは格好が良いのですが、あまり日本には適していないのです。